ホーム > 健康 > 寒気(冷え性)は、妊娠・お産の大きい障害

寒気(冷え性)は、妊娠・お産の大きい障害

寒気(冷え性)は、妊娠・お産の大きい障害になります。

また、あらゆる疾病を引き起こす素因にもなっています。ベビーが成長する大切な母胎や卵巣のある下半身は、とくに冷寒の作用を受けやすくなっているんです。手足だけでなく、母胎の中が冷えていると、卵子もベビーもうまく生育することができません。

次に、不妊を生む大きい誘因の一つになっているのが、ストレス。久しい不妊歴の人ほど、緊迫状態が溜まっていることが沢山のようです。周りから「まだなの?」と言われて、重圧を感じている・・・いつも不妊のことを考えて、悩んでしまう・・・友人や顔なじみは全て、赤ちゃんができているから、焦っている・・・このような重圧があると、ベビーを望んでいるのに、心身共に気疲れしてしまい、懐妊しにくくなってしまいます。

ホルモンは、体内の特定の器官で作られ、体液や血液を通って体内を回転し、別個の特定の器官で作用を発揮する生理活性物質で、カラダの特定の器官の働きを管理するための情報伝達物質です。ストレスの効果によって、ホルモンの役目はのろくなります。女性は特に、女性ホルモンに係わりやすいため、均衡が崩れてしまうと、不妊症の大きな素因となってしまいます。


関連記事

  1. 寒気(冷え性)は、妊娠・お産の大きい障害

    寒気(冷え性)は、妊娠・お産の大きい障害になります。また、あらゆる疾病を引き起こ...

  2. お腹の調子がいつまでたってもよくならない

    お腹の調子がいつも悪いっていう人、結構いませんか? なんというか安定感がないとい...

  3. カーブスに行ってみたらどうかな?

    運動不足がひどくて体型もどんどん太くなっていってしまって・・そんな方はカーブスに...